CADを導入するとメリットが得られる!CAD導入の利点を紹介!


図面のデジタル化でデータ共有がスムーズになる

紙の図面を利用することの難点として挙げられるのが、持ち運びにくいことです。図面の量が増えれば持ち運びにくくなり、社内だけでなく社外の人との情報共有も難しくなるという問題があります。どれだけ図面のサイズを大きくしても、一度に図面を見られる人の数には限りがあるのも難点です。それに対してCADはビューアを利用することで、誰でも図面を確認できます。時間や場所に縛られることもないので、自分の都合に合わせて共有データを確認できるというメリットがあります。CADを導入すれば図面を持ち運ぶ必要もありません。図面のデジタル化を行うことで、社内だけでなく社外の人ともスムーズにデータ共有が行えるでしょう。

紙を無駄遣いすることがない

紙の図面はペンや消しゴムで修正作業を行います。何度書き直しても納得のいく図面に仕上がらない場合は、最初から図面を引き直すこともあります。そうなれば今まで使っていた紙は無駄になり、廃棄処分されるケースが多いです。紙の無駄遣いが行われることがあるので、消費コストは高くなるという問題もあるでしょう。これらの問題を解決できるのが、CADの存在です。

CADはパソコン上で修正作業を行います。ペンや消しゴムは使わず、マウスを使ってボタンをワンクリックするだけで不要な線分を消すことができます。消してしまった線分が、やっぱり必要かもしれないという場合でも簡単に元に戻すことができるので、修正作業がスムーズになります。最初から書き直したい場合にもワンクリックで全てを消すことができるので、無駄なゴミを出さずに済むという利点も得られます。

水道CADは、紙製の図面と比べて立体的に水道管の特徴を把握できることから、各地の工務店や自治体の間で普及しています。

Close