きちんと学ぼう!LED照明のメリットとデメリットとは?!


LED照明のメリットとは

一番のメリットは、やはり省エネという点です。LED照明は、とても消費電力が少なくなっているため、電気代が安く済みます。LED照明の電気代は、蛍光灯の2分の1程度、白熱灯の10分の1程度です。照明器具一カ所で比較した際には、その差は微々たるものですが、家の中に照明器具はたくさん存在します。毎日使うもののため、年間で考えた際には、最終的にその差は大きな差となります。そして、LED照明は長寿命なため、面倒なランプ交換の手間もほとんどなくなります。製品にもよりますが、LED照明の場合、その寿命は約40,000時間と言われています。一方、蛍光灯の場合は、約13,000時間、白熱灯の場合は約2,000時間となっており、ランプ交換の回数だけでなく、ゴミを減らすことにもつなげることができるのです。

LED照明のデメリットとは

LED照明のデメリットとしては、その価格の高さが挙げられます。各メーカーの技術進歩により、年々、価格は下がってきているのですが、それでもやはり、蛍光灯や白熱灯と比べると、価格は高くなる傾向があります。そのため、イニシャルコストは高くなります。また、LEDの光は、蛍光灯や白熱灯に比べると、まわりに広がりにくいという特徴があります。照明器具の真下には強い光を発するものの、その周囲には広がりにくいため、同程度の明るさを持つ照明器具同士を比較した時に、暗いと感じやすくなってしまいます。また、光が強いがゆえに、眩しさを感じやすくなることも、デメリットとして挙げられます。配光方向などをしっかり確認し、最適な器具選びをすることが大切です。

LEDライトパネルは、LEDチップを使った発光するポスターフレームのことです。広告全体がはっきり見えるため、集客に役立ちます。

Close