フランチャイズで新規事業を始める際の進め方と注意点


1、はじめに自分に合った業種を選ぶ

一言でフランチャイズといっても業種には幅があります。カフェにレストラン、ラーメン店などの飲食店の他、コンビニエンスストアやクリーニング店などさまざまです。フランチャイズで起業するには、まず自分がどの業種に合っているのかを判断し、そのうえで選ぶようにしましょう。すでに開業場所が決まっている場合は、地域性も考慮すると決めやすくなります。迷ったときには実際に店舗を訪れて判断するという方法もあります。

2、どのフランチャイザーがいいか決める

フランチャイズの本部機能を持つ企業をフランチャイザーと呼び、加盟店はフランチャイジーといいます。業種が決まったら、次に大切なのはフランチャイザーの選定です。ほとんどのフランチャイザーは、公式サイトなどで加盟店の募集を行っています。説明会を定期的に実施しているフランチャイザーも多いため、まずは気軽に話を聞いてみるといいでしょう。説明会の実施が少ない場合でも、公式サイトから資料を取り寄せることも可能です。

フランチャイズで起業する際のポイント

どのような業種であっても、新規事業を立ち上げるには費用がかかります。フランチャイズも例外ではありません。フランチャイズの場合、フランチャイザーが光熱費など経費の一部負担や引っ越し費用、開店時の初期投資をしてくれるケースが多く、どこまで支援が可能か確認することがポイントです。一度契約してしまえば、途中で条件を変えることは難しくなります。経費の他に契約期間や商標使用料などもしっかり確認しましょう。また、研修を設けているかどうかを確認することもポイントです。

フランチャイズ募集は、本部の方針によって、年齢や過去の自営業の経験、金融資産など様々な条件が付いていることがあります。

Close