リン酸処理とは何かおさらいしておきましょう


リン酸処理の目的について

リン酸処理は何のためにやるのか?それをまず確認しておきます。リン酸処理は多くの工業製品に採用されています。何故リン酸処理をするのかというと、塗膜を剥離しにくくするためです。処理を行うことで密着性の向上を狙います。もう一つは、工業製品の防錆性や耐食性を大きく向上させる目的でこの処理を行います。メジャーなところでは、自動車も製造工程でこのリン酸処理を行っています。

またリン酸処理は、塗膜性能目的だけではなく、他の目的でも採用されます。例えば冷間鍛造等、塑性加工による摩擦に対しての、負荷を軽減するための潤滑皮膜を形成する目的でも採用されます。

リン酸亜鉛処理の方法について

リン酸処理の方法は、亜鉛メッキ製品や鋼鉄の表面に、リン酸イオンと亜鉛イオンを主成分とした溶液を化学反応させます。反応後、金属表面に不溶性のリン酸亜鉛結晶による皮膜が形成されます。この皮膜は金属の表面に強固に密着しますので、先述したような効果が得られます。ちなみに皮膜の厚さは、ミクロン単位になります。またリン酸亜鉛処理は、処理温度が約60°程度のため、金属に物理変化が起こりにくいといったメリットもあります。

リン酸処理の種類について確認しましょう

リン酸処理には、リン酸鉄処理とリン酸亜鉛処理があります。耐食性能で比べた場合、リン酸亜鉛処理のほうが優れています。ただし、溶液の管理方法や処理工程はリン酸鉄処理に比べると複雑です。どちらの方法を採用するかについては、金属の製品にどのような塗膜性能を求めるかによって選ばれるのが一般的です。

消泡剤とは、液体に泡が出来るのを防ぐ為に使う添加物の事です。豆腐の製造工程でも使用されており、煮沸中に発生する泡を抑える為に使用されていました。豆腐に使う添加物は、人体に大きな害は無いとされています。

Close