設計業務が手軽になる!CADを導入するメリット


設計に欠かせないCADとは何か

建設業界や機械製造業界など様々な場面で欠かせない存在となっているのが、設計支援ツールのCADです。手書きでは時間がかかる図面作成や修正作業も、CADがあれば手軽に行うことができます。平面図作成のために作られた2次元CADの他、3Dプリンタ用のデータ作成ができる3次元CADもあります。3次元CADがあれば、3次元データを2次元に変換することも可能です。

CAD導入で得られるメリット

CADを導入するメリットは、図面の取り扱いが簡単になることです。紙に書かれた設計図を使う場合は、保管場所の確保が必要となります。それに対し、データという形であれば保管のために事務所や倉庫のスペースを圧迫することもありません。データであれば複製も手軽に行える上に、郵送などの手間をかけることなく遠く離れた人と図面の共有ができるというメリットもあります。設計にかかる時間の節約は勿論、保管や管理を簡単にしたい場合もCADの導入を検討しておくと良いでしょう。

CAD導入前に知っておきたいこと

CADの中には、無料で使えるソフトも存在します。ただ、仕事として使うのであれば性能がしっかりとしたCADを選びたい、3次元にも対応できるソフトを導入したいという人も多いでしょう。仕事にも使える高性能なCADを導入したい時は、IT導入補助金の活用がおすすめです。日本で事業を営んでいるなどの条件に当てはまる企業や個人事業主であれば、IT導入補助金の対象となる可能性があります。IT導入補助金を受ければ、初期費用を抑えた状態で高性能なCADを導入することができます。

電気CADは、配電線路の設計を効率的に行なったり、電気製品のクオリティを高めたりするうえで不可欠なものとなっています。

Close